カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

春風亭一之輔 いちのすけ噺2

〜本格古典落語でありながら、なおかつ自由奔放な一之輔の世界!江戸町人の世界を描いた名演三席をたっぷりと収録!〜

ワザオギレーベル第3弾です。

『普段の袴』と『尻餅』は、2013年12月16日に人形町・日本橋社会教育会館で開催された「年忘れ・真一文字の会」で、『提灯屋』は、2013年9月20日に内幸町ホールで開催された「真一文字の会」で収録されました。

本作に収録した噺は、どれも江戸町人の生活をいきいきと描き、落語のおかしさや楽しさを存分に感じさせてくれます。
一之輔師匠の、語りながら楽しくてしょうがないといった様子も聞きどころです。

真打昇進から2年あまり、今も全力疾走を続ける一之輔師匠の、“今”がギュッとつまった1枚です。
たっぷりお楽しみください。

春風亭一之輔 いちのすけ噺2

価格:

2,057円 (本体 1,905円)

購入数:
友達にメールですすめる

■収録内容
1.普段の袴(29'03)
2.尻餅(18'45)
3.提灯屋(28'37)

■WZCR-15002
■2014/8/3発売

ページトップへ